[ロケ地]ドラマ『グランメゾン東京』のgakuはどこ?

現在放送中のTBSドラマ『グランメゾン東京』。

木村拓哉さんが主演ということもあり、気になっている方も多いのではないでしょうか?

『グランメゾン東京』は木村拓哉さん演じる天才料理人・尾花夏樹(おばな なつき)が早見倫子(鈴木京香)と出会い、周りと衝突しながらも仲間たちと世界最高のと三ツ星レストラン「グランメゾン東京」を作っていく物語です。

ドラマ内で木村拓哉さんのライバルとも言えるのが、丹後学(尾上菊之助)。

ライバルであると同時に尾花がパリで修行中だった時に同僚として一緒に働いていた人物です。

そんなライバルが現在オーナーシェフとして働いているのが、一つ星レストラン「gaku」。

「gaku」には尾花のかつての共同経営者・京野陸太郎(沢村一樹)もギャルソンとして働いており、ドラマ内では何度も出てくるレストランになりそうです。

今回はその一つ星レストラン「gaku」レストランが実在するのか調べてみました。

ドラマ『グランメゾン東京』のgakuは実在するのか?ロケ地は?

「グランメゾン東京」のライバル店「gaku」のロケ地はどこなのでしょうか?

調べてみました。

『グランメゾン東京』で登場したgakuは代官山にあった!

ドラマ『グランメゾン東京』で木村拓哉さんのライバル店として登場する「gaku」は存在していることが分かりました!

場所は東京の代官山。

ミシュラン1つ星を獲得している「メゾンポール・ボキューズ」というレストランでロケは行われています。

「メゾンポール・ボキューズ」は、料理人で初めてフランスの最高勲章・レジオン・ドヌール勲章を獲得やデザートのクリームブリュレを開発した"ポール・ボキューズ"さんという方の三ツ星レストラン「ポール・ボキューズ」を日本でも楽しんでもらおうとオープンしたレストランです。

2つダイニング・サロン・バーラウンジが備わっており、「ポール・ボキューズ」の伝統を受け継いだ可憐な料理を味わうことができます。

『グランメゾン東京』のgakuのロケ地は他のドラマでも使われていた?

実は「メゾンポール・ボキューズ」は過去にもいろんなドラマでも撮影に使われていました。

・『ラジエーションハウス』

・『ブラックペアン』

・『ごめん、愛してる』

・『ラストシンデレラ』

などなど話題のドラマでも使われています。

雰囲気もあるレストランなので、使い勝手がいいのかもしれませんね。

さいごのまとめ

いかがでしたでしょうか?

「グランメゾン東京」のライバル店「gaku」が撮影されているロケ地についてご紹介しました。

とても洒落なレストランなので、行ってみたいですよね。