戸田恵梨香主演!朝ドラ『スカーレット』のモデルは誰?

NHK連続テレビ小説で放送されている『スカーレット』。

主演は戸田恵梨香さんで、毎日放送されています。

どうしても戸田恵梨香さんがフォーカスされますが、朝ドラ『スカーレット』の主人公・喜美子のモデルは一体誰でしょうか?

朝ドラで戸田恵梨香さんが演じる喜美子のモデルは神山清子さん



NHK朝ドラ『スカーレット』の主人公・喜美子(戸田恵梨香)のモデルは、陶芸家・神山清子さんです。

【プロフィール】

1936年長崎県佐世保市生まれ。

父が炭鉱で働く徴用工の脱走を手助けしたことから、罪に問われ警察に追われることとなる。

そのことから、長崎県を出て1944年に滋賀県の日野町へたどり着く。

子供のころから、一人で地面に絵を書いて遊んでおり、将来は絵描きさんになることが夢だったが、父の「女は裁縫と料理ができないとダメ」という方針から和洋裁学校へ進学。

卒業後、地元信楽での陶器の絵付け助手を始め、陶器会社を経て27歳で独立、作陶を始める。

当時、女性が窯場に入ると「穢れる」と言われており、完全に男性の世界だった陶芸の世界に一人で飛び込み、途絶えていた古信楽の再現に成功し、自然釉薬を使った陶芸の第一人者だけではなく女性陶芸家の草分け的存在となる。

また同じく陶芸家の長男:賢一が29歳のころ慢性骨髄性白血病で倒れ、ドナー探しに奔走。

骨髄移植によって一時快方に向かったが、その2年後に亡くなってしまった。

その経験から骨髄バンクの重要性に気づき、必要性を訴える活動を始め、今では「滋賀骨髄献血の和を広げる会」の代表を務めている。

2002年に自ら半生を描いた『母さん子守歌うたって--寸越窯・いのちの記録』が出版され、2005年映画『火火』が公開される。

戸田恵梨香さんは朝ドラでモデル通りのシナリオになるのか



今なにかと話題の徴用工がきっかけで滋賀に移り住むことになりますが、たぶんそこは描かれないと思います。

それよりも気になるのが、骨髄バンクの活動まで描かれるかどうかですね。

同じく朝ドラ『あさが来た』ではモデルの『広岡浅子さん』の半生を描いたドラマですが、「働く女性」にスポットライトを当てて放送されていました。

『広岡浅子さん』は女性ながら炭鉱開発を行い、日本女子大学・大同生命の設立に尽力した人物です。

実際にドラマ内でもモデル通りのシナリオとなっています。

『スカーレット』ではまだまだ先のことなので、ネタばれになってしまいますが、大筋モデル通りのシナリオとなっています。

是非、骨髄バンクの活動まで描いてほしいですね!