戸田恵梨香の朝ドラ出演はオーディションがなかったってホント?

人気女優への登竜門として有名な『NHK連続テレビ小説』。

過去にも、『あまちゃん』の能年玲奈さんや『あさが来た』の波留さんなど朝ドラの出演を機に一気に人気女優へと上り詰めた方もいらっしゃいます。

若手女優を採用することから、今でも夢見る女優の卵達がオーディション合格目指して頑張っています。

でも、今年の朝ドラ後期に出演している戸田恵梨香さんは若手女優でしょうか?

既に『デスノート』や『コードブルー』など話題作に出演しており、ベテランではないですが演技派女優として人気があるように感じます。

しかし、なぜか朝ドラの出演として抜擢されています。

戸田恵梨香さんも厳しいオーディションを勝ち抜いて主演の座を射止めたのでしょうか?

ここで「戸田恵梨香は朝ドラにオーディションなしで出演している」という情報が流れています。

なんだか怪しい気がしますね。。調べてみました。

朝ドラはオーディション必須?戸田恵梨香の出演は出来レース?



調べてみると、若手女優から人気女優への近道であるだけに朝ドラの主演には、必ず厳しいオーディションがあるものと思っていましたが、どうやら違うようです。

朝ドラの選考の中にはオーディションを行わずにヒロインを決める「キャスティング」という方法があります。

どういったものかというと、NHK側が「この人に任せたい」と思った人に指名をするものです。

その後指名された本人が出演をOKした場合、オーディションは行われずそのままドラマ撮影を行われます。

今回だけが特別ではなく、『花子とアン』吉高由里子さんや『ひよっこ』有村架純さんなど過去の話題作にも、「キャスティング」で決められたドラマも多いみたいです。

ではなぜ「キャスティング」で出演が決められ、今回戸田恵梨香の主演が決定したのでしょうか?

戸田恵梨香のオーディションなしは朝ドラのストーリーが原因?



「キャスティング」が行われない理由として「キャスティング予定のヒロインが出演NG」「フレッシュな雰囲気のドラマにしたいから」「撮影現場の都合で有名女優だとスケジュール調整が難しい」などの理由があるそうです。

ということは、「初々しい雰囲気のドラマ」以外は基本「キャスティング」でオファーし、それがNGだった場合オーディションを行いということです。

今回の朝ドラ『スカーレット』の場合、ストーリーが「陶芸」と比較的地味な内容であったために、「演技の実績のある戸田恵梨香さんに白羽の矢が立った。」ということではないでしょうか。

なんだか新鮮味がない気はしますが、ストーリー性を魅せるドラマだけあり、「キャスティング」という方法で選ばれたようですね。

せめて戸田恵梨香さんの回りの方は新人女優を使って頂きたかったです。

しかし、オーディションがなかったからなのか、戸田恵梨香さんの朝ドラへ向けた熱意は相当なようで、役作りに勤しんでいるようです。

是非一度見てみましょう!!